HOMEスタッフブログ > お庭の照明講座(エントランス照明演出編)
スタッフブログ

2019年1月7日

お庭の照明講座(エントランス照明演出編)

美しくエントランスのポイントは、明るさのバランスが大切。

 

夜のエントランスでは、来客を優しく迎え入れ、

 

見た目も美しく演出したいものです。

 

 

この2:1:3のバランスは、”人に安心感を与える”

 

”奥行きを与え、広く見せる” ”美しく演出できる”

 

これら3つの機能を実現するライティングの新基準です。

エントランスにおいて建物(玄関)はゴール地点となります。

 

サバンナ効果の特性により、最も奥である建物外観の明るさを

 

設置、確認することから照明プランを開始します。

 

 

 

 

 

 

 

門まわリ来客を迎える顔となる場所です。

 

「建物1」にて確認した明るさよりやや暗く(明るい面が少なく)

 

なるよう、明る過ぎない器具で、表札や外構の演出を考えます。

 

 間接照明や陰影を付けた演出で

 

オリジナリティーをつくりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

アプローチの明るさは門まわりより明るさを抑えながら、

 

”突き当りとなる面””段差”がある場合は必ず照らし、

 

安心感と安全性を確保するようにしましょう。

 

長いアプローチの場合、陰影のリズムを付けると、

 

美しい演出となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

一覧にもどる

PAGETOP

エクステリアのことならJCKにご相談ください

Contents

お仕事の流れ

サービス内容

よくある質問

コンセプト

料金について

スタッフブログ

CADパース集

ご挨拶

姫路のエクステリア・外構&ガーデンのことならJCKリンクスにお任せください。販売から設計・施工まで全て自社で行っておりますので、行き届いたきめ細やかな対応とお手頃な価格でのご提供を心がけております。

WEB SHOP

世界に一つだけのオリジナルガラス門柱

姫路中心の施工エリア

リフォームガーデンクラブ

庭ブロ